さくらクラウドVPCルータ(サイト間VPN)とOpenVPNを利用したVPN拠点の構築

昨今、コロナ禍により業務を遂行するにあたり、テレワークを余儀なくされてます。

社内のNASやら、運用・保守業務で「IPアドレス制限されている」サーバにアクセスするために、会社ルータ(RTX-1210)にVPN接続をすることが多々発生しています。

そうした中、RTX-1210にVPN(L2TP)接続ができないというスタッフが続々と発生するという問題が顕著化しました。(以前よりそういった問題がちょくちょくありましたが、特に業務への影響は軽微であったことから、放置していました。)

ログ、コンフィグなどを見直して、ある程度あたりはつけましたが、業務に影響がでるかもしれない作業を実施する時間的余裕もないのと、本当にそれで問題が解消する保証もないのと、別件で使ってる拠点間接続だと、通信が安定しているという事もあり、 外部にVPNサーバを立てて、そいつと、会社のRTX-1210を拠点間接続でつないでしまえばいいのじゃなかろうかと思い立ったが吉事。さっそくやってみました。

さくらクラウドのVPCルータにもVPN(L2TP)サービスがあるので、最初これが使えるか?と試したのですが、VPCルータから全パケットを拠点間接続の接続先に転送するルーティングを入れると、VPN(L2TP)サービスに接続できなくなってしまうという問題(というかあたりまえなんですが。。)があり、以下のようなネットワークを作ってみました。

簡単に説明すると、さくらVPCルータを拠点間接続だけに利用して、VPNサーバは別にサーバを立てて、VPNクライアントから接続されたパケットはすべて、VPCルータ経由・拠点間VPN接続を得て会社のRTX-1210から出ていくルーティングを設定するというものです。

つまり、以下のような通信ラインを確保しようという試みです。

以下構築の手順メモ

OpenVPNを設定する

【設定前提情報】

ローカルスイッチネットワーク情報: 192.168.100.0/23
接続先スイッチ: local-switch(1)
サーバのNetwork: eth0 (Global側) 30.30.30.1
サーバのNetwork: eth1 (Loal側) 192.168.100.2
OS: CentOS 7.6

【手順】

STEP1) 必要パッケージをインストールする

yum -y update
yum install epel-release -y
yum --enablerepo=epel -y install openvpn easy-rsa

STEP2) 各種設定準備を行う
※パスワード、CAのcommonnameは好きな値を設定の事

mkdir /etc/openvpn/easy-rsa
cp /usr/share/easy-rsa/3.0.7/* /etc/openvpn/easy-rsa/ -R

cd /etc/openvpn/easy-rsa

./easyrsa init-pki
./easyrsa build-ca
./easyrsa gen-dh
./easyrsa build-server-full server_r nopass
./easyrsa build-client-full client1 nopass
openvpn --genkey --secret /etc/openvpn/ta.key
cd /etc/openvpn/
cp /usr/share/doc/openvpn*/sample/sample-config-files/server.conf server_r.conf

STEP3) server_r.confの設定を行う

vi /etc/openvpn/server_r.conf

デフォルト値から以下を変更する

STEP4) net.ipv4.ip_forward の設定を行う

vi /etc/sysctl.d/10-ipv4_forward.conf

sysctl --system

STEP5) iptablesの設定を行う

yum -y install iptables-services
systemctl disable firewalld
systemctl stop firewalld
systemctl enabled iptables
systemctl start iptables

vi /etc/sysconfig/iptables

※ボールドの部分がポイント

systemctl restart iptables

STEP6) OpenVPN起動

systemctl enable openvpn@server_r
systemctl start openvpn@server_r

STEP7) ルーティングの設定

ip rule add from 10.8.0.0/24 table 100 prio 100


ip route add 10.8.0.0/24 dev eth0 proto kernel scope link metric 100 table 100

ip route add default via 192.168.100.1 table 100

※このルーティングがポイント(10.8.0.0/24からのパケットは全部、192.168.100.1へルーティングするという内容を用意する)

STEP7) ルーティングの永続化

※設定方法確認中
 とりあえずいまは起動時にスクリプトで実行させておく。

STEP8) クライアントで利用するcert / keyは以下ファイルを利用する

/etc/openvpn/easy-rsa/pki/ca.crt
/etc/openvpn/ta.key
/etc/openvpn/easy-rsa/pki/issued/client1.crt
/etc/openvpn/easy-rsa/pki/private/client1.key

.ovpnファイルを作ると接続設定するのが楽になります。
以下のようなファイルを作る

さくらクラウド VPCを利用した「拠点間VPN接続」の設定を行う。

さくらクラウドVPCの設定を行う

■さくらクラウド ネットワーク情報

【設定前提情報】
ローカルスイッチネットワーク情報: 192.168.100.0/23
接続先スイッチ: local-switch(1)
VPCルーター(インターフェース:プライベート1)に割り当てるIP: 192.168.100.1
対向IPアドレス: 10.10.10.1
対向ID: 192.168.100.1
Pre Shared Secret: unko123
対向Prefix: 0.0.0.0/0
ローカルPrefix: 192.168.100.0/23

【手順】

STEP1) VPCルーターを追加する
    プラン: スタンダード
    インターネット接続: 有効
    そのほかの項目は任意で入力する
    
STEP2) VPCルーターのインターフェースの設定
    スイッチ: 既存スイッチを接続
    接続先スイッチ: local-switch(1)
    IPアドレス: 192.168.100.1
    プレフィックス: /23

STEP3) サイト間VPNの設定
    対向IPアドレス: 10.10.10.1
    対向ID: 192.168.100.1
    Pre Shared Secret: unko123
    対向Prefix: 0.0.0.0/0
    ローカルPrefix: 192.168.100.0/23

STEP4) 「反映」を行う

RTX-1210側の設定を行う

【設定前提情報】
■RTX-1210ネットワーク情報
Global-IP:  10.10.10.1
LAN-IP: 172.16.100.1 (NetworkAddress: 172.16.100.0/23)
■さくらクラウド VPC(サイト間VPN設定情報)
Global-IP: 20.20.20.1
対向IPアドレス: 10.10.10.1
対向ID: 192.168.100.1
Pre Shared Secret: unko123
対向Prefix: 0.0.0.0/0
ローカルPrefix: 192.168.100.0/23

【手順】

★RTX-1210側への設定手順
参考: https://knowledge.sakura.ad.jp/7051/

1) RTX-1210のGUIツールにて、拠点間VPNの設定を行う。 (簡単設定→VPN→拠点間接続)
 接続種別の選択: IPSec
 ネットワーク環境: 自分側と接続先の両方とも固定のグローバルアドレスまたはネットボランチDNSホスト名を持っている
 自分側の設定(設定名): SAKURA VPN
 接続先の情報(接続先のホスト名またはIPアドレス): 10.10.10.1
接続先と合わせる設定(認証鍵 (pre-shared key)): unko123
接続先と合わせる設定(認証アルゴリズム): HMAC-SHA
接続先と合わせる設定(暗号アルゴリズム): AES-CBC
 経路に関する設定: 接続先のLAN側のアドレス
192.168.100.0 / 255.255.254.0(23bit)
10.8.0.0 / 255.255.254.0(24bit)
2) CONFIGを取得して、「description tunnel “SAKURA VPN”」の設定部分を探して、設定情報を変更する

※例えば、

であった場合、以下のような設定情報を作成。

これを、RTX-1210の「コマンド実行」で実行する。

以上

プログラミング教育のテキスト yes!作りかけ。

だいぶん前から プログラミング教育を学校で開始するという話があり、2020年から義務教育で取り入れられるという事になりました。

そんな話もあり、Scratch+A4S+Arduinoを利用した教育用のテキスト(小学校高学年向け)を作ってみました。(ええ!もちろん作りかけです)

ScratchとA4s ( https://github.com/damellis/A4S )を組み合わせてArduino UNOを操作する環境を作り、その環境でのプログラミングを勉強するという内容にしています。

子供にプログラミングを教える、一緒にプログラミングを学ぶ時につかっていただければと思います。

#だれか資料を完成させてください!

テキスト

A4S-master2