新入社員ブログ 松井(第5回)

こんにちは。松井です。もうすぐ2月になりまだまだ寒い時期が続きますね。

今回はOJTについて紹介します!内部研修が終わって、8月からOJTに参加しています。OJTということで、案件に参加していますが、私の場合は基本設計から参加しました。難しい作業を割り振られることはありませんが、とにかく仕事に慣れることに苦労しました。1月末までどんなことをやってきたか、簡単になりますが紹介します!

基本設計・詳細設計

お客様との打ち合わせや社内会議を聞いてメモを取ったり、画面設計書を見ていました。また、先輩社員がテーブル定義の物理カラム名の名前をつけていました。画面設計書やテーブル定義について「おかしい!」と思ったところは迷わず先輩社員に質問していきました。例を2つ挙げると画面設計書に書いてあることがテーブル定義に書かれていないといった資料での漏れとテーブル定義には必須扱いになっているにもかかわらず画面設計書では必須ではないといった資料間による矛盾です。冷静に資料を見比べることで漏れや矛盾が無いかチェックをしていましたので、該当する部分が資料内にあるか探すのが大変でした。しかし、設計段階で漏れや矛盾を減らしたということにおいてはやりがいを感じられました!

API仕様書・詳細設計書作成

簡単な処理のAPI仕様書・詳細設計書を作成しました。最初はやり方が分からず簡単そうな画面を先輩社員に教えてもらいながら一通り作成しました。最初は簡単な仕様の詳細設計書を書きましたが、やり方が分からず先輩社員が作成した詳細設計書を参考に書くようにしました。ある程度詳細設計書を書いたら「内容は違っても他の詳細設計書にも同じことを書ける」ということを意識するようにしました。その際に自分たちが作った設計書をもとに実装されるので、「仕様が違う」ということが無いように気を付けるようにしました。

API実装・テスト

今は作成したAPI仕様書や詳細設計書を元にAPIを実装しつつ、テストして想定した挙動になっているか確認しています。研修で学んだLaravelで実装しておりますが、実際に仕事として使うのは始めてでプログラムの書き方に戸惑うことがあります。しかし公式ドキュメントやQiita等で使い方を調べて出来る限り自力でプログラムを組めるように努力しています!

今回はここまでです。次回はフォローアップ研修について紹介します。最後まで読んで頂きありがとうございます!

SQLの不思議… 紙屋05

’23年度入社の紙屋です!
2024年もよろしくお願いいたします。

新年一発目の投稿です。
無事に新年を迎えることができました!
昨年は少し実際の案件にも携わらせていただきました。少しずつできることも増えてきたことはうれしいです!
2024年もできることを着実に増やしながら成長したいと思います!

今回はその案件の中であるデータの差分の調査を行っているときに不思議に思ったことを検証してみようと思います。
それはSQLである一定の期間のデータを抽出しようとしたときに、何気なく使っていたある演算子で躓きました。最初は気づかなかったのですが、調査結果のデータ数がおかしいことの指摘もあり気づきました。
それは『BETWEEN』の使い方です!

—————————————-
式 BETWEEN 値1 AND 値2
—————————————-
BETWEEN演算子では、値が「値1以上かつ値2以下」の場合に真になる

と参考書ではあります。
私は1か月分のデータを抽出したかったので、

[/crayon]

というSQL文を作成し抽出しました。
特に疑問に思うこともなく作業を続け、他で分からないところがあったので、質問したときに、指導者とのSQL文の違いに気づきました。

[/crayon]

「ん?演算子ちがうけど、まぁいっか、同じことだし…」
「でも、結果も違うんだよなぁ…、どうしてだろう?」
と思ったことで調べるとどうやらデータ型がdatetime型であることも関係しているらしいということが分かりました。
そこでダミーデータを作って検証してみることにしました。

今回、ダミーデータはLaravelのマイグレーションとシーダーを利用して’2023/11/01 00:00:00’から’2023/12/31 23:59:59’までのデータを100件作成しました。
そして、同じ条件式で行数をカウントしました。

[/crayon]

この条件式の結果は、条件式1は50件、条件式2は56件と件数の差が出ました。
ちなみに、抽出条件の範囲を変えると、条件式3は53件、条件式4は3件でした。
抽出する条件のデータ型がdatetime型だったので、範囲指定には注意が必要そうです。

ちなみにdate型でもデータ数のカウントを行いましたが、時間が無い分、選ぶ演算子での差はみられませんでした。
今回の始まりは演算子の疑問で始まりました。
BETWEENを使う際は抽出される範囲とデータ型を十分に理解したうえで使う必要があります。
私みたいな初学者や不慣れな方は、データの範囲を指定して抽出する場合はまず比較演算子を利用する方が良いということを覚えておきましょう!

今回は文献を調べるだけでなく、自分でも実際のデータを使って結果の違いを理解できたので、引き続き今回のように検証しながら自分の理解を深めたいと思います。

では、また次回!!

ITパスポートの試験を受けました!紙屋04

お疲れ様です!
’23年度入社の紙屋です!
12月に入り本当に寒くなってきました。
こんな季節は温泉にゆっくりつかって、コタツで丸くなりたいですね!

さて、この業種について9か月が経とうとしています。
未経験で入社し、外部研修や日々の学習や課題をこなしてきました。今もOJTとして少しずつ実際の案件に携わらせてもらっています。
分からないことの方が多く、教えていただいてもなかなか理解ができないことの方が多い毎日です。
なので、基礎知識の学習という意味でもITパスポート試験を受けることにしました。

ITパスポート試験とは何か?

ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験

https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/about.html

とのことです。
確かに、前職は全く違う分野でしたが、ITなくして業務は成り立ちませんでした。
基礎的知識を学ぶためにもちょうどよい機会かなと思い、チャレンジしました!

内容は、新しい技術(AI、IoT など)や手法に関する知識、経営全般の知識、IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野にわたります。

実際の試験は100問(/120分間)あり、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系と3分野に分かれ、合格基準点は3分野それぞれ300/1000点以上正答し、合計で600/1000点以上あれば良いとのこと。

勉強期間は約2か月間。
最初はテキストの内容をまとめ、各章末問題を解き、試験前は過去問をひたすら解きました。
広く知識を求められ、テキストを通るだけでもかなりのボリュームがありました。
適宜まとめた内容を上長へレビューいただきましたが、広い分野に対しても必ずコメントをいただき、アドバイスもいただいて、その知識量に逆に怖くなりました(笑)

どれも知らない知識ばかりで、特にストラテジ系とテクノロジ系が難しかったです。
3,4文字のアルファベットの略語は暗号にしか思えず、関数の条件式を問うような問題ではまず問題文の理解に苦しみました…
過去問で類似問題を数回解くことでなんとか少しずつ覚えていきました。

過去問を解き始めたころは5,6割の正答率でした。過去問を数回解くことで正答率は7,8割まで安定してきたので、「よし!いける!」と自信満々で試験を受けに行きました。
今までも国家試験を受けてきたので特に緊張はしませんでした。
受験者の中には管理職ぐらいの年代の方から小学生までいて驚きました!

試験の方は、苦手分野のストラテジ系でさらに新しい単語が出題され、とても焦りました…(汗)
利益やコストの計算や関数の条件式を問う問題など、計算問題が過去問より多く、それでも焦りました…(汗)
残り時間20分ぐらいでやっと一通り解答できましたが、見直ししたい問題が多すぎて「詰んだー」と焦りました…(汗)

試験後はすぐに解答され、ギリギリ基準点は満たすことができて一安心。
覚えも悪くなってきているなと痛感した1日でした。
今回の勉強の熱が冷めないうちに、勉強を続けてさらなる挑戦に挑みたいと思います。
また何か動きがあれば決意表明をしたいと思います!
では、また次回!!

LinuCの試験について

こんにちは。22年度入社の中島です。

この間、Linux資格のLinuCを受験しました。
今回私が受けたのは、LinuCレベル1(101試験)になります。
この試験は、101試験と102試験があり、認定されるためには2試験を(片方を合格していたら5年以内に)合格する必要があります。

今回は、LinucCレベル1 101試験を受けた感想や試験の内容を簡単に書いていこうと思います。

Linux技術者認定「LinuC(リナック)」とは
クラウドやDX時代のITエンジニアに求められるシステム構築から運用管理に必要なスキルを証明できる技術者認定です。

・受験動機
この試験を受ける理由は、仕事に対する自信につなげられるようにするためと、これからの業務の役に立つと思い受験しました。

・予約と受験方法、前日までの準備について
今回はオンラインでの受験だったので、テストセンターでいかなくてよかったのですが、
試験を受けるにあたっての、本人確認書類の用意、受験スペース準備や規則などが大変でした。

・試験対策と試験概要
対策として、テキストでの学習や過去問を解くなどをしていました。一日に学習する範囲を決めてやったり、章まとめの問題集を何回も解きなおしていました。

LinuCレベル1(101試験)は試験時間は85分で出題数は60問でした。
以下は試験囲です。

第1章: Linuxのインストールと仮想マシン・コンテナの利用
第2章: ファイル・ディレクトリの操作と管理
第3章: GNUとUnixのコマンド
第4章: リポジトリとパッケージ管理
第5章: ハードウェア、ディスク、パーティション、ファイルシステム

・勉強してみた感想
Linuxのことを何もわからない状態からのスタートだったので、なんとなく理解するのにも時間がかかりました。
特にコマンドとそのオプションを覚えきれず、とても苦労しました。

・結果と感想
結果は残念ながら不合格でした。
1~5章の全範囲まんべんなく出ていたので、全体的に復習が必要だと思いました。
受験した感想といたしましては、どのような形で問題が出されるのかわからず、緊張して問題とくペース配分がうまくいかず、時間が掛かりました。
それによって見直しを行う時間がありませんでした。
また、第3章、第4章のコマンドを忘れていたり、コマンドは合っているのにオプションを間違えてるなどのミスが目立ちました。

今回の試験で自分の努力不足をとても感じました。次回受験する際には過去問やりこみ、解くスピードを上げて見直しをする時間を作りたいと思います。模擬試験で正解8割を安定して出せるようになってから再度、受験したいと思います。

現在は、ping-tというサイトを使って過去問を解いています。
このサイトは、試験範囲・問題数・出題形式まで自由に決めることができて便利です。
間違ってもわかりやすい解説があるので、おすすめです。(アカウント登録が必要です。)

https://mondai.ping-t.com/users/sign_in

いかがでしたでしょうか。

久しぶりのブログでしたが、よいネタを見つけたら投稿していきたと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

2023年 新入社員ブログ 松井(第4回)

こんにちは。入社1年目の松井です。
前回までの内容は下に貼っておきます!

第1回はこちらです!

第2回はこちらです!

第3回はこちらです!

今回の内容はLaravel演習です。演習の内容の前にLaravelとは何なのかについて簡単に説明します!

Laravelは、多くのWebアプリケーションの開発に使われているPHP言語で開発されたフレームワークです。そもそもフレームワークとは何なのかについて説明すると、プログラミングの作業を毎回0から書く必要がある内容を予め「枠組み」として纏められている仕組みです。その枠組みがあることで、新しいアプリケーションを作るたびに同じ機能を実装させるという手間を無くすことができます。

社内で行われたLaravel演習の内容は前回紹介したPHP演習と大差ないので、もう一度紹介しますね。演習課題はPHPと同じく「会員登録フォームの作成」です。主な実装内容は以下の通りです。

会員登録フォームの内容

  • 会員登録/ログイン機能の実装
  • 会員一覧機能の実装
  • 会員情報変更機能の実装
  • 会員削除機能の実装

PHPで苦労した内容がLaravelで簡単なコードで実現できることを体感することができました。例えばPHPでは、ログイン後のページ一つ一つにセッションをつけないと不正アクセスかどうか判別できませんでした。しかし、Laravelでは、ミドルウェアという機能を使って簡単にログインしているかどうかで処理を振り分けることができます。また、PHP演習で苦労したページネーション機能は一行で書けるようになります。下記にページネーション機能を実装するために書いたコードを抜粋します。

PHPのコード

PHPだと複雑なコードを書かない上に多くの行数を費やしてしまいます。コードを読んだことがない人にとってはコメントが無いと何を書いているのか非常に分かりにくいと思います。

Laravelのコード

このコードはPHPと比較して非常にすっきりとした印象を持てますね。Laravelだと細かい部分はフレームワーク側で処理してくれるからここまで簡単に書けるようになります。

Laravelで作成した一覧画面を下に貼っておきます。大まかな構成はPHP演習で作ったものとあまり大差ありません。

今回の内容はPHPで実装するに苦労したものがLaravelでは簡単に作れたという内容でした。
最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました!

2023年 新入社員ブログ 松井(第3回)

こんにちは。松井です。
もう11月になって上着を着用してる人が増えてきましたね!

前回までの内容は下に貼っておきます!

第1回はこちら
第2回はこちら

第2回ではSQL演習について紹介しましたが、今回と次回でPHP/Laravel演習について紹介します。今回はPHP側の演習について紹介します。演習内容の前にPHPについて簡単に紹介します!

PHPとはWebページを作ることがサーバサイドのプログラミング言語です。HTMLやJavaScriptと混同されやすいです。HTMLやJavaScriptはブラウザ側(ユーザ側)で動かしていますが、PHPはサーバ側で動かしています。PHPを使う最大の利点はデータベースとの連携を容易に行えるということです。サーバ側で動かしているので、Webサイト上でよく見るデータのやりとりを実現できるということです。

PHP/Laravel演習の課題は「会員登録フォームの作成」です。主な実装内容は以下の通りです。

会員登録フォームの内容

  • 会員登録/ログイン機能の実装
  • 会員一覧機能の実装
  • 会員情報変更機能の実装
  • 会員削除機能の実装

基本的に上記の内容を実装するという内容ですが、ユーザにとって使いやすいように配慮することが大変でした。例えば間違えてページのリロードをしたら入力内容が全て消えてしまうという問題は「値を保持させないといけない」ということや必要です。また、誤って入力した内容が直ぐにデータベースに登録されるのを防ぐために「確認画面を作る」ことや登録したかどうか確認するために「完了画面を作る」機能も必要でした。機能作成の面で特に大変だったことは「ページネーション機能の実装」でした。実装するために多くの行数を書く必要があることやページを遷移することによって入力した値が保持できないといったバグを対処することがとても大変でした。作成した会員一覧ページはこのような感じです。

次回はLaravel演習について書きます。LaravelはPHPと比べ、複雑な機能を簡単に書けるという特徴を持っていますのでPHPとの違いについても紹介していきます!
最後まで読んでくれてありがとうございました!

2023年 新入社員ブログ 松井(第2回)

こんにちは。
入社1年目の松井です。
もう10月になって冷えてきましたね!

前回は外部研修について紹介しました。
「外部研修とは?」と思った方はこちらのURLに書いてありますので気になったら覗いてみてください!

https://blog-s.xchange.jp/archives/date/2023/08/03

内部研修の概要

6月から7月末にかけて内部研修を行いました。
内部研修の内容は以下の2つです。

  • SQL演習(6月中旬まで)
  • PHP/Laravel演習(6月下旬から7月末まで)

SQL演習

SQLの問題集を読み、演習問題を解きました。外部研修中ではなかなか問題を解く機会が少なかったので内部研修を通じてSQLの勉強をしました。内部研修に使った本はこの下にURLを貼っておきますので、気になった人は覗いてみてください!

https://book.impress.co.jp/books/1121101090

SQLでの勉強で難しかったところは副問い合わせでした。副問い合わせとは「他のSQL文の一部分として入っているSELECT文」です。特徴としては「検索結果に基づいて表を操作する」という点です。言葉だけだと分かりづらいので例を挙げます。

例:家計簿というテーブルから最も大きな出費を調べ、その費目と金額を求める

文章で書くと簡単に見えますが、SQLではそうはいきません。SQLでは「最も大きな出費を調べる」、「それを基に費目と金額を求める」の2つのステップが必要です。まずはステップごとのコードを書いてみます。

(1)で調べた値を基に費目と金額を求め、(2)で費目と金額を求めることができました。これだと(1)の値が急に変わったときに調べ直すのが面倒です。そこで、(1)のコードを(2)のコードに書いてある「(1)から書き写した値」に埋め込みます。

(3)では、(2)のWHERE句の中に(1)を埋め込みました。このようにすれば、(1)と(2)の動作を一括に実行でき、(1)で出力されるものが変わっても(2)を書き換える必要がなくなります。(3)のコードに入っている括弧の中身が副問い合わせということです。

このようにしてSQL文の意味や使い方について深く学んでいきました。

SQL演習についての話はここまでです。次回はPHP/Laravel演習について書きます。最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました!

ヘルパー関数のあれこれ!紙屋03

おつかれさまです!
‘23年度入社の紙屋です!
9月に入って朝晩の暑さがすこーーしずつ和らいでいたような気がしますね。早く日中の暑さも和らいでいくといいですね。

8月で課題の会員登録のアプリケーションを作り終えました。
外部研修でもLaravelでwebアプリケーションをつくりましたが、そのときはとりあえずの実装を優先して、「この関数がどんな仕事をしているのか、どんな機能があるのか」ということを考えていませんでした。
そこで、今回はLaravelにおけるヘルパ関数に焦点をあてて振り返ろうと思います!

ヘルパ関数とは?
Laravelに搭載されている独自の関数のことで、いろいろなところで呼び出せる便利な関数です。

Laravelの公式ドキュメントをみえると数えただけで213個ありました(今回Laravel ver9で実装)。
まだまだ分からないことが多いので、今回は使ったものに触れながら振り返ります!
今回の会員登録フォームで使用したヘルパ関数は、
・view ・redirect ・route ・request ・session
・old ・dd ・dump ・config
でした。
Contollerや入力フォーム、処理の確認で使うものが多く、外部研修でも使っていたので、コードレビューいただく前から使っていました。しかし、config関数は教えていただいてからの導入でした。

よくアドバイスいただく内容として、同じコードで内容量が多く、その処理を複数個所で使用する場合は、可読性や再利用性を考えてコーディングした方が良いと教えていただきます。
今回config関数をどこに用いたかというと、formタグで会員情報の登録や編集を行う箇所でバリデーションを実装するときに、バリデーションの中身は同じものなので、バリデーション時にコードが冗長にならないように利用しました。

まずは、config関数の公式ドキュメントを確認します。
config関数は設定変数の値を取得します。設定値はファイル名とアクセスしたいオプションを「ドット」記法で指定します。
とあります。

となっており、「/config/(.phpファイル)」内に記述されている配列を呼び出します。
では、私はどのように実装したかというと、
Controller内には以下のように記述し、

「/config/mySetting.php」ファイル内に

と記述しました(教えてもらいながらですが…)。

これでバリデーションチェック時の項目をController内に何度も記述する必要が無く、バリデーション内容の変更・修正時も配列の中身を記述することでスッキリします。

ちなみに、ヘルパ関数がどんな処理をしているのかは、「/vender/laravel/framwork/src/illuminate/Foudation/helpers.php」ファイル内に記述してありました。

確かに配列があればキーを返してくれているみたいです。

ちなみに、今回使用した「ドット記法」についてちょっと触れると、配列からの値の取得時にキーを「.」でつなげることで、多次元配列の場合、より深い階層へネストし値を取得してくれます。
例えば、Arr:get()関数の公式ドキュメントを参照すると、

となっています。$arrayのような多次元配列から値を取得したい場合は、第2引数のキーの部分をドット記法で、欲しい値までネストしていきます。
ちなみにArr::get()関数に第3引数をセットすると、第2引数に指定したキーが存在しない場合の値を返してくれます。

改めて振り返ってみると、「なるほど!」と思いました!
今後も、いろいろと忘れないようにまとめていきたいと思います。
では、また次回!!


ApacheHTTPServerでHTTP/2を動かすためにphp-fpmを導入した結果

こんにちは。22年度入社の中島です。

先日作業していた案件で、ローカル環境構築をした後、
VMとサーバー接続しようとした時の出来事

mpmファイルの設定が「prefork」だとHTTP/2が機能せず
mpmファイルの設定を「event」または「worker」にすると、Apacheが機能しないという状況になりました。


上記のエラーを解決するためにphp-fpmを導入し、mpmの設定を「event」または「worker」にしたところApacheが正常に起動しました。

php-fpmをインストール


/etc/httpd/conf.modules.d/00-mpm.confの設定を変更
今回は、workerを有効にしています。


/etc/httpd/conf/httpd.conf に設定を追加しました。
拡張子phpのファイルをApacheで処理する場合に、php-fpmを使うようにする設定として以下の内容を追加します。

Apacheの再起動し、ステータスを確認します。

Apacheが起動したら、phpファイルが正しく処理されることを確認します。
DocumentRootの直下にphpinfo.phpを公開フォルダに作成します。
中身は以下のようになってます。

これをブラウザで表示します。

正しく動作することを確認できました!

いかがでしたでしょうか。

HTTP/2を動かすためには、preforkでなくeventもしくはworkerで設定し、モジュール版phpでなくphp-fpmなどで動かす必要があるということがわかりました。

今後も業務で起こった出来後をブログにしていきたいと思います。

今回はここまで
最後までご覧いただきありがとうございました!

パスワードはハッシュ化する!!紙屋02

こんにちは!
’23年度入社の紙屋です!
日に日に暑さが増すなか、台風もやってきて大変ですね。
私は出身が鹿児島県なので台風には慣れっこです。
学生のうちは台風が来ると「学校が休みになるんじゃないか」とそわそわしていましたが、社会人になると「台風きたら出勤どうしよう…」と不安でそわそわしてしまいます(笑)

現在は、課題として会員登録フォームをPHPでの実装、その後フレームワークを使った実装がひと段落終えたところです。調べながら、分からないところが教えていただきながらの実装だったので、ちょっとずつまとめをしていこうと思います。

まずはとりあえず機能の実装を!と考え、新規登録フォーム、検索機能、編集・削除機能を実装しました。その中でセキュリティ対策への考えはまだまだ足りず、データベースへ登録する際に、エスケープ処理を行わなければならないことは覚えていましたが、パスワードに対しては何も処理をしていませんでした。
レビューいただいた際に、「え・・ハッシュ化って?」「まだ処理がいるの?」と混乱しました…。なので、今回はハッシュ化について調べてみました。

今回、PHPプログラミングで実装した内容は、

です。
最初は直観的に

をそのままDBに登録していました。

レビューいただいた際に、このままでは、DBを攻撃された場合、個人情報が盗まれてしまう危険性があると教えていただきました。

確かに!ログイン情報を盗まれてしまったらなりすましなんて簡単にできますね。

password_hash関数をマニュアルで調べてみると、


◦$passwordには登録するパスワードの値が入って、
◦$algoにはハッシュ化に使用するパスワードアルゴリズム定数が入って、
◦$optionsには各アルゴリズムがサポートするオプションが入る
とのこと!

アルゴリズム定数のPASSWORD_BCRYPTを使うと
◦”$2y$” crypt フォーマットを使ったハッシュになる
◦長さは常に 60 文字
◦オプションのcostは省略時はデフォルトの10が入り、ハードウェアの性能が許容できるなら高くも設定可

とのことでした。
上記のpassword_hash()関数で登録しなおすことで、

ちゃんとハッシュ化されていました。
これで一安心です!

知らないことが多くて調べて、コーディングして、エラーと闘う日々です。
今後も、いろいろと忘れないようにまとめていきたいと思います。
では、また次回!!