nuxt.js環境を構築する

福岡拠点の野田です。

サーバーサイドでレンダリングするSSR(Server Side Rendering)を次の案件で使うことにしました。API側は慣れ親しんだLaravel。

最初に悩むのが環境構築。
どうしようか、というところで参考にしたのが、次の記事。

LaravelとNuxt.jsを同一レポジトリで管理するときの構成https://www.wantedly.com/companies/roxx/post_articles/84615

client フォルダ以下に環境を作る例ですが、とても参考になりました。以下おっかけになりますが手順になります。

nuxtは起動フォルダ配下に.nuxtという一時ファイルを作成します。このため設定ファイルをclient以下に配置して、このフォルダを起動フォルダとします。

設定ファイル (nuxt.config.js)

起動シェル(再起動シェル)は以下のような感じで作ります。

ちなみにecho “” | はjenkinsから呼び出したとき、標準入力を要求されたので、それ対策で入れています。

このシェルを実行することでnuxt.jsサーバーが起動します。

nuxtは素のvueでやるよりも以下の点で優れていると思います。

  • 自動でルーティングしてくれる。
  • レイアウト機構を持っている。
  • API連携の仕組みも実装しやすい形で持っている。

VueやReactやAngularは、マイクロサービスをつなげる糊の役割をしているフレームワークだと思います。これからもっと深く使っていきたいと思います。