ブロックチェーン勉強会@Fukuoka Growth Nextに参加

福岡拠点の野田です。
梅雨が空けそうでなかなか空けないですね。今日も福岡は雨です。

昨日、Fukuoka Groth Next で行われたブロックチェーンの勉強会に参加しました。ブロックチェーンは今後システム基盤技術として大きな可能性を秘めているのは周知のことだと思います。サービスをこれから開発しようとしている方、実際に音楽やゲームにブロックチェーンの仕組みを組み込んでサービスを提供している方、いろいろな話を伺いました。中でも落合渉悟さんが行動暗号経済学というものをテーマに話をされたのですが、最高に刺激的でした。

□Cryptoeconomics Lab
https://ce.mit.edu/

□行動暗号経済学(Cryptoeconomics)とは
https://crypto-times.jp/what-is-cryptoeconomics/

行動暗号経済学は、ブロックチェーンにおける人のインセンティブ・行動を理論を設計して、研究する学問になります。まだいろいろな課題があり、それを実際に仮想通貨といったサービスなどで実証して、日々、改良が続けられているようです。ブロックチェーンが生まれるきっかけとなった2008年から始まる「サトシ・ナカモト」の論文のことを「天才が天才に考えさせる」論文であったと評されていたのですが、やはりすごかったのだと、肌で感じました。

□ビットコイン原論
https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

□ビットコイン原論(日本語版)
http://www.kk-kernel.co.jp/qgis/HALTAK/FEBupload/nakamotosatoshi-paper.pdf

私たちもシステムを作るとき裏付けする技術要素を組み合わせてサービスを作っています。単に使うだけでなく、その背景にあるものや仕組みを理解し、日々の探求心と研究心を忘れず業務に取り組もうと意識を新たにしました。

よく使うウィンドウズのショートカット

福岡拠点の野田です。GWは晴れ間もありましたが、ここ数日雨が続いていて梅雨が気になる今日この頃です。

今回はよく使うWindowsのショートカットを紹介したいと思います。
よく使うWindowsのショートカットといえば、ctrl + alt + delete がよく知られていますが、ほかにどんなものがあるかご存知ですか?

以下は、私がよく使うWindowsのショートカットです。

その1: ctrl + esc

アプリを開きたいときにスタートボタンをマウスで押すのは、面倒ですよね。そのまま開きたいアプリ名を入力するとアプリ検索をして実行することができます。cmd と入力すればコマンドプロンプトが、excel と入力すればエクセルを検索されるので、そのままエンターを押下すると開くことができます。

その2:windowボタン + L

席を外すとき、画面ロックをかけるのは面倒なもの。このショートカットを使えば楽々です。トイレに急がなければならないときもばっちりです。

その3:windowボタン + P

プロジェクターに映像が出ない!そんなときに使うコマンドです。出番は少ないですが、勉強会などでプレゼンするときは心強い味方です。

その4:windowボタン + tab

alt + tab を使った画面切り替えや alt + shift + tab の切り替え戻しパターンもよく使いますが、画面の開いた順にさかのぼりたいときはこれが良いと思います。

その5:windowボタン + D からの alt + F4

複合技です。デスクトップ表示してから alt + F4 を押すとシャットダウン/再起動ダイアログを表示することができます。window を開いているときに閉じるコマンドとして有名な alt + F4 ですが、デスクトップ表示している状態でこの技を使うとシャットダウンすることができます。

番外編

alt + space からの n 押下。
いま開いている画面を最小化したいときに使います。
そこのあなた!Youtubeを見ていて隠したい時に使っちゃいけないですよ!

ショートカットキーを使うことで作業効率も上がると思います。
何か良いコマンドを見つけたら是非教えていただければと思います。

[JavaScript]D3.jsでグラフを書こう!

福岡拠点の野田です。今日は、データ解析に欠かせない可視化を支援するツールとして、D3.jsの使い方を紹介します。

可視化をするとき、棒グラフだったり、線グラフを出力することが多いと思います。Python、Rなどを使った画像出力ももちろん簡単に実現できるのですが、凝った複雑なグラフを出そうとするとき、D3.jsで描くSVGの柔軟性には目を見張るところがあります。SVGは、Scalable Vector Graphicsの略でベクター情報のイメージデータになります。そのため、拡大しても非常に高精細に表示することができます。また、CSSやJavasciptでイベント制御も可能なため、凝った動きのあるグラフを実現できます。

D3.jsの最新版は、ver5.1.0(2018/05/02時点)になります。ver3.xからver4.xにアップデートした際に大きく変更があったため、今回は個人的にもなじみのあるver3.xでの使い方を紹介します。

使うためには、HTMLヘッダーに以下を組み込むだけ。とても簡単です。

ver3.x

 

ちなみにver5.xでは以下のような感じです。

ここからは、ver3.xでの記述例になります。
以下のような流れでグラフを表示します。

1) 領域確保

グラフを表示する領域を確保します。軸に値を表示するため、マージンを確保します。


2) スケール設定

値の描画変換を行うスケール(基準となる物差し)を指定します。のちにデータ描画でも使います。


3) 軸の描画

スケールをもとに軸を描画します。


4) 補助線の描画

必須ではないですが、指定することでぐっとクオリティがアップします。


5) データ値の描画

線グラフだったり、点グラフだったり、棒グラフなどデータを描画します。今回は、線グラフを扱います。

これでCSVを読み込むと以下のようなグラフを表示することができるようになります。

SVGは、HTMLと同じくXMLで記述されるDOM(文書オブジェクトモデル)の1種です。イベント処理も差し込むことができるため、HTMLと同様な感覚で動的処理を扱えるのは強みと思います。D3.js自体、jQueryなどと同様、DOM操作するための言語とも言えます。慣れが若干必要ですが、凝ったグラフの描けるは大きな魅力です。

これを機会にぜひ触れてみてください。

[PHP]Seleniumを使ってみよう(2)

福岡拠点の野田です。
前回「Seleniumを使ってみよう(1)」では、Selenium サーバーを立ち上げるところまで実施しました。
https://blog-s.xchange.jp/?p=418

今回はその続きです。
弊社では、PHPを使うことが多いので、その例を紹介します。
PHPがローカル環境にない方は、さくっとインストールしてください(環境変数にパスを通すのも忘れずお願いします)。
http://www.php.net/downloads.php

composerが入っていなかったら、インストールします。
https://getcomposer.org/doc/00-intro.md#installation-windows

任意のフォルダにcomposer.jsonを配置します。

facebook/webdriverは、curl関数を使うため、php_curlのエクステンションを有効にします。ほかにスクリーンショットの編集等でgdライブラリを使う場合がありますので、php_gd2のエクステンションを有効にします。
php.ini
;extension=php_curl.dll
;extension=php_gd2.dll

extension=php_curl.dll
extension=php_gd2.dll

ちなみに php.ini のある場所は、php -i で表示することができます。

cmd でDOSのターミナルを開いてcomposer.jsonを配置したフォルダでcomposer update を実行してください。必要なライブラリをインストールします。これでSeleniumを使ってテストを実行する準備が整いました。

サンプルコードを以下にアップしています。

https://github.com/nodat/php-selenium-tools

processor.php と scenario.yaml を composer.json のフォルダに配置してください。

以下のようなバッチを作成して実行することで動きます。

まだまだ粗削りですが、scenario.yaml を作りこんでいくことで E2E のテストを実現することができます(適宜、バージョンアップしていきます)。
細かい処理については、ソースコードを解析して見てください。

[PHP]Seleniumを使ってみよう(1)

福岡拠点の野田です。今回は、Seleniumを使った自動テストをやろうということでSeleniumの環境構築まで紹介しようと思います。

SeleniumはJavaで動かすことができます。Javaがインストールされていない環境では、JRE(ランタイム、単体実行向け)もしくはJDK(開発者向け)をインストールする必要があります。

Java SE Runtime Environment 8 Downloads
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jre8-downloads-2133155.html

各環境にあったファイルをダウンロードしてインストールしてください。

続いてSeleniumサーバーをダウンロードします。

https://www.seleniumhq.org/download/

Seleniumはサーバーとブラウザを操作するWEBドライバーの組み合わせ動きます。

まずは、Selenium Standalone Serverをダウンロードします。ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに配置します。

例:
D:\Program Files\selenium\selenium-server-standalone-3.11.0.jar

あとは以下のドライバーをダウンロードして、上記と同じフォルダに放り込みます。

The Internet Explorer Driver Server (IEを操作。IEDriverServer.exe)
※SeleniumのサイトよりDL

Mozilla GeckoDriver (Firefox を操作。geckodriver.exe)
https://github.com/mozilla/geckodriver/releases

Google Chrome Driver (Chromeを操作。chromedriver.exe)
https://sites.google.com/a/chromium.org/chromedriver/

起動するには、仮に server.bat として以下のような内容でバッチを作成します。

※上記は、IE + Chrome を指定する例

server.bat をダブルクリックするとSeleniumサーバーを起動することができます。

続き:https://blog-s.xchange.jp/?p=424

君はマーティン・ファウラーを知っているかい?

いかがお過ごしでしょうか。福岡拠点の野田です。
春は新しい生活がはじまる季節です。初心に返って今日はマーティン・ファウラーの話を少し。

ソフトウェアの設計の世界でマーティン・ファウラーを知らない人はいないと思います。ThoughtWorksに所属し、アジャイルソフトウェア開発宣言の起草を支援するなど、ソフトウェア開発業界に数多くの影響を与えている人です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%BC

私がマーティン・ファウラーを初めて知ったのは、2005,6年ごろ依存性注入(DI: Dependency Injection)が話題になったころ。今では多くのフレームワークに採用され、当たり前となった概念も当時は目からうろこでした。

http://kakutani.com/trans/fowler/injection.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9D%E5%AD%98%E6%80%A7%E3%81%AE%E6%B3%A8%E5%85%A5

DDDで基本となるValueObjectをPoEAAで紹介していたり、マイクロサービスについて語っていたり、設計の世界では伝道師的な存在だと思っています。

http://kimitok.hateblo.jp/entry/2014/11/09/211820
https://martinfowler.com/bliki/ValueObject.html

まだ知らなかった方はこれを機会に是非記事を読んでみてください。発表されてから時間の経つものが少なくないですが、いまでも通用するものが数多くあります。

気になる本家サイトは、こちら。

https://martinfowler.com/

英語サイトの日本語訳をやっている方々もいらっしゃいますので、ご参考まで。

http://bliki-ja.github.io/

 

VPSサーバーのリソース不足を回避する方法

福岡拠点の野田です。もうすぐ花見の季節ですね。来週か再来週あたり、お昼休みの合間を縫って花見に行きたいと思っています。

さて、今日は、仮想サーバーのリソース状況について話をしようと思います。
皆さんは、VPS環境で以下のような画面を見たことがありますでしょうか。開発用だったり、低予算の貧弱な環境では、結構こういう場面に遭遇することもあります。

The following exception is caused by a lack of memory or swap, or not having swap configured
Check https://getcomposer.org/doc/articles/troubleshooting.md#proc-open-fork-failed-errors for details
[ErrorException]
proc_open(): fork failed - Cannot allocate memory

上記は、composer を実行した際に発生したエラーです。このエラーがでたあと、httpd をいったん停止してから実行すると普通に実行できたりします。これは、仮想サーバーのリソースが不足するために発生しているエラーになります。こういうときは、都度、エラーが出るたび、httpdを止めて、ということをしなければいけないのでしょうか。

仮想サーバのリソース状況をチェックするには以下のようなコマンドがあります。
cat /proc/user_beancounters

この中のprivvmpagesという値に注目します。これは、プライベート仮想メモリサイズです。リソースを解放するためには、httpd など消費リソースが大きいサービスを再起動するとリソースが解放されます。

以下は、リソース情報をチェックし、閾値を越えてリソースが足りない状態になると httpd サーバーを再起動するスクリプトになります。

/root/bin/restart.sh

シェルを毎分 cron 実行したら、リソースがないときは、httpdを再起動して、適宜、リソースが解放されるという仕組みです。

ちなみに800 というのはなんとなくの感覚値です(・ω<) 。某VPSサーバーでは、httpd を再起動すると 3000 くらいまで回復します。300 とか切るとセグメンテーションエラーとかメモリ関連のエラーがよく発生します。

これでサーバーのリソース不足でエラーとなるイライラも収まるでしょう。それでは、Have a nice server life!