C#でWOL(Wake-on-LAN)

福岡の香月です。

コロナ対応で世の中はリモートワークが進んでいるようです。中程度スペックの中古PCもたくさん売れているようで、在庫が少なくなっているようですね。

自宅作業する場合、会社のPCにリモートデスクトップでつないで作業することも多いと思いますが、気付いたらPCがシャットダウンしていることがあります。間違って電源切ったとか、夜中にWindows Updateが動いたとか。

そんな時はWOL(Wake-on-LAN)ですが、私はこれについて知識が無かったので調べがてらC#プログラムのWOLツールを作ってみました。プラットフォームは.Net Core 3.1です。
以下全文です。どん!

特徴

  • マジックパケットを飛ばします。マジックパケットとは…
    • UDPで送信するパケット
    • 先頭6バイトに{ 0xFF, 0xFF, 0xFF, 0xFF, 0xFF, 0xFF }
    • 続けて対象PCのmacアドレスを16回
    • 合わせて102バイトのパケットとなる。
  • exeと同じ名前のiniファイルを設定ファイルとして読み込む
  • 設定ファイルにて以下を設定
    • host=対象PCのIPアドレス
    • post=UDPポート(ルータが許可したポートであれば何でもOK)
    • macアドレス=対象PCのmacアドレス
  • エラーが発生した場合はコンソール上にエラーを表示

プログラムは案外簡単でびっくりしました。
それよりもWOLが使える環境の設定が大変そうですね。BIOS、ネットワークカード、Windowsの設定など、情報はぐぐればいろいろ出てきますので一度お試しあれ。