nuxt.js環境を構築する

福岡拠点の野田です。

サーバーサイドでレンダリングするSSR(Server Side Rendering)を次の案件で使うことにしました。API側は慣れ親しんだLaravel。

最初に悩むのが環境構築。
どうしようか、というところで参考にしたのが、次の記事。

LaravelとNuxt.jsを同一レポジトリで管理するときの構成https://www.wantedly.com/companies/roxx/post_articles/84615

client フォルダ以下に環境を作る例ですが、とても参考になりました。以下おっかけになりますが手順になります。

install -d client/pages/.gitkeep
install -d client/assets/.gitkeep
install -d client/components/.gitkeep
install -d client/layouts/.gitkeep
install -d client/middleware/.gitkeep
install -d client/plugins/.gitkeep
install -d client/static/.gitkeep
install -d client/store/.gitkeep

nuxtは起動フォルダ配下に.nuxtという一時ファイルを作成します。このため設定ファイルをclient以下に配置して、このフォルダを起動フォルダとします。

設定ファイル (nuxt.config.js)

module.exports = {
    srcDir: '../client/',

    server: {
        port: 5000, // デフォルト: 3000
        host: 'localhost', // デフォルト: localhost,
        timing: false
    },
    css: [
        'bootstrap/dist/css/bootstrap.css',
        'bootstrap-vue/dist/bootstrap-vue.css',
    ],
    plugins: [
        '@/plugins/bootstrap',
    ]
}

起動シェル(再起動シェル)は以下のような感じで作ります。

#!/bin/bash

export nuxt_count=`grep -a "" /proc/*/cmdline | xargs -P1 -r -0 | grep -s nuxt.config.js | grep -v -E '(grep|\.sh)' | wc -l`
while [ $nuxt_count -gt 0 ]
do
    ps aux |grep nuxt.config.js | grep -v -E '(grep|\.sh)' | gawk '{print $2}' | xargs -r kill -9
    sleep 1
    export nuxt_count=`grep -a "" /proc/*/cmdline | xargs -P1 -r -0 | grep -s nuxt.config.js | grep -v -E '(grep|\.sh)' | wc -l`
done

echo "" | ../node_modules/.bin/nuxt -c ./nuxt.config.js &

ちなみにecho “” | はjenkinsから呼び出したとき、標準入力を要求されたので、それ対策で入れています。

このシェルを実行することでnuxt.jsサーバーが起動します。

nuxtは素のvueでやるよりも以下の点で優れていると思います。

  • 自動でルーティングしてくれる。
  • レイアウト機構を持っている。
  • API連携の仕組みも実装しやすい形で持っている。

VueやReactやAngularは、マイクロサービスをつなげる糊の役割をしているフレームワークだと思います。これからもっと深く使っていきたいと思います。