Vuexの値の更新を監視したい

福岡拠点の宮里です。

vueのコンポーネントからvuexの値の更新を監視して、vuexの値の更新があったときにローカルのデータを更新したい場合どうすればいいの?と調べることがあったので備忘録として記事を書きます。

まずは、vuexの日本語ドキュメントを読みました。
vuexのStoreインスタンスメソッド’watch’が良さそうです。

watch(fn: Function, callback: Function, options?: Object): Function

fnが返す値をリアクティブに監視し、値が変わった時にコールバックを呼びます。fnは最初の引数としてストアのステートを、2番目の引数としてゲッターを受け取ります。 Vue のvm.$watchメソッドと同じオプションをオプションのオブジェクトとして受け付けます。

監視を止める場合は、返された unwatch 関数を呼び出します。

(vuex.vuejs.orgより引用)

うーん、vue.jsに慣れてないので上記の説明を読んでもよくわかりません。
store.watch()で引数に関数を渡して、関数の引数に監視したいstateの値を指定するみたいです。

うーん、もう一声。

‘vuex store.watch’で検索するとそれっぽい参考になりそうなコードがいくつか。
イメージはつかめてきたものの、ただ今回は、複数に分割したストアのモジュールのローカルステートを監視したかったので、mapGettersやmapStateで実際どう書けばいいのと悩むこと数十分。

ありました、ありました!
vue.js開発者の方のブログに「Watch for Vuex State changes!」という記事が!!
探してたのこれこれ!ありがとうございます!と参考にさせていただきましたm(_ _)m

四苦八苦しつつもなんとかこのかたちに落ち着きました。
this.$store.watch()の第一引数にステート/ゲッター、どちらを渡してもうまくいきそうです。

[Laravel]ルートとコントローラー

福岡拠点の香月です。

今回はルートとコントローラーを追加します。

ブラウザでURLリンクをクリックしたときにはそれに対応した画面が表示されますが、Webサーバー内ではそのURLに対して表示するデータをモデルから取得し、そのデータをビューで整形してHTMLとして表示します。このモデルとビューの橋渡し役がコントローラーの役目となります。また、要求されたURLをどのコントローラーで処理させるかを指定したのがルート(ルーティング)です。

では早速ルートから指定していきます。laravelプロジェクトのrouteフォルダにweb.phpがあります。これを開いて次のように編集しましょう。

アプリケーションのトップURL(http://server/)が呼び出されたときに、TopControllerクラスのindexメソッドを呼び出すように指定しています。
->name(‘top’)でこのルートに対して名前を付けています。ここでつけた名前は他の場所でURIを指定するときに使うことができます。

次はTopControllerの作成です。シェルで次のコマンドを実行します。

するとapp/Http/Controllers/TopController.phpにファイルが作成されます。
クラスメソッドとしてindex()を追加してあげましょう。

route\web.php内で直接指定していたようこそ画面の表示を、コントローラーを介して表示するように変更しただけのものですが、このようにしておくことでビュー(ここではようこそ画面)で表示したいデータをphpプログラムで集めて、計算して、整形して表示することができるようになります。

上のphp artisan make:controllerコマンドではオプションは指定していませんでしたが、–model=[Model]や–resourceオプションを指定することで、リソースコントローラを作成することができます。
こうすることで作成されるコントローラ用ファイルにindex(), create(), store(), show(), edit(), update(), destroy()の名前が付いた空のメソッドが一緒に作成されます。例えばStudentモデル用のリソースコントローラを作成するにはこう書きます。

また、リソースコントローラを使う場合はroute/web.phpのルート指定を次のようにすることで、URIとアクションが自動的に割り付けられたルーティングが完成します。

Route::resource()の1行で次のルーティングが完成します。

動詞 URI 対応メソッド ルート名
GET /students index students.index
GET /students/create create students.create
POST /students store students.store
GET /students/{student} show students.show
GET /students/{student}/edit edit students.edit
PUT/PATCH /students/{student} update students.update
DELETE /students/{student} destroy students.destory

これはいわゆるRESTful APIとして設定されており、必要なURIが揃っているのでリソース(≒モデル)のCRUD(Create, Read, Update, Delete)管理がはかどるでしょう。

リソースコントローラの考え方は他のWebフレームワークでも同様に使われています。Ruby on Railsでは「rails generate scaffold …」コマンドが使えて同じようなルートを生成してくれますし、CakePHPでもルート指定時にまとめて設定してくれる方法があります。これらからLaravelに来た人にとってはわかりやすいですよね。

[Laravel]シーダー

お久しぶりです。福岡拠点の香月です。

今回はシーダーです。
作成したテーブルに初期データやテストデータをを投入するときに使います。

前回からテーブルを2つ「subjects」「students」を追加しています。

マイグレーションファイルでフィールドを定義して

マイグレーション

これでテーブルが追加されました。
ではここに初期データを投入しましょう。Subjectテーブルは科目、Studentテーブルは生徒、Scoreテーブルは点数です。
まずはシーダーファイルを作成するために、make:seederコマンドを実行します。

すると、Laravelプロジェクトフォルダのdatabase/seedsフォルダにファイルSubjectSeeder.php、StudentSeeder.php、ScoreSeeder.phpが作成されます。

まずはSubjectシーダー。
作成されたシーダークラスファイルには run() メソッドが用意されています。シーダーが呼び出されるとこのメソッドが実行されるようになっているため、ここにデータ投入用プログラムを記述します。
上にuse App\Subject; を追加して、Subject Eloquentモデルを使えるようにするのを忘れずに。

Subjectクラスのインスタンスを作成して、フィールドに値を設定し、save()メソッドを呼ぶことでレコードが追加されます。
このプログラムでは$seeds配列の1つ1つが1レコードとなるようなプログラムになっています。

続いてStudentシーダー。こちらはモデルファクトリを使って、フィールド値をランダム生成します。フィールド値には日本語を使いたいので、config\app.phpを次のように修正。

次にファクトリコード用のファイルを作成します。

作成したファイルdatabase\factories\StudentFactory.phpを次のようにします。

$factory->define()の第二引数のクロージャで、Studentレコード1件分の情報としてフィールド名(キー)と値(バリュー)の配列を返すようになっています。$faker->lastName、$faker->firstName部分がランダム生成の部分。これ以外にもcity、phoneNumber、wordなどいろいろ使えます。便利。誕生日は2011/04/02~2012/04/01までの1年間でランダムに生成されるようにしました。

そしてdatabase\seeds\StudentSeeder.phpです。

モデルファクトリを使って20個のエントリを簡単に作成できます。

database\seeds\ScoreSeeder.phpはこう。

作成したSubject、Studentの全レコードを取得し、ループで回しながら作成していきます。

プログラムができたらシーダーを実行しましょう。実行コマンドはdb:seedです。
実行するクラス名を–class=オプションで指定します。

これは1つずつ実行するコマンドとなりますが、まとめて実行したい場合は最初から用意されているDatabaseSeederクラスを利用するとよいでしょう。
database\seeds\DatabaseSeeder.phpファイル内の run() メソッドからまとめて処理したいクラスを指定して、

db:seedコマンドをオプションなしで実行します。

これでデータ投入が完了しました。

[Laravel]追加のマイグレーション

福岡拠点の香月です。

前回はDBのマイグレーションを行いました。
既にマイグレーション実行済みのテーブルに変更を行いたい場合、アプリケーションが稼働する前であればロールバックしてマイグレーションをやり直せばいいのですが、本稼働後のバージョンアップなどでデータを棄損することなくテーブルにフィールドを追加したいことがあります。この場合、フィールド追加用のマイグレーションを実施することになります。

まずは前回と同じようにマイグレーションファイルを作成しましょう。

これによりdatabase/migrations/(日付)alter_scores_table.phpが作成されますので、ここに追加したいフィールドを記載します。

up()メソッドにマイグレーション実施時のコードとして、scoreフィールドをexam_dayの後ろに追加するようにしています。
もちろんクロージャの中では必要なフィールドを1つだけではなく複数記述できます。文字列フィールド、timestampフィールドなど用途に合わせて追加しましょう。
カラム修飾子には->after()を使用しています。これ以外にもnullを許容する->nullable()、コメント文字列を指定する->comment()などいろいろ使えますよ。

down()メソッドにはロールバック実施時に実行されるコードを記述します。ここ忘れがちなので注意!

マイグレーションファイルを作成したら、マイグレーションを実施します。

マイグレーションが実施されていないファイルを対象に実施されます。同じファイルが2度3度と実施されることはないので安心してください。
実行後に反映されたことを確認しましょう。

 

すてきなLaradock

福岡拠点の宮里です。
Dockerを勉強し始めました!
DockerでLaravel開発環境を構築する場合に便利なLaradockというパッケージがあり、併せて勉強中です。

Laradockとは

PHP開発環境を構築できるDockerイメージのパッケージです。
DockerでLaravelプロジェクトを実行することに焦点を当てて開発されています。
Laravel以外にもSymfony、CodeIgniter、WordPress、Drupalなどの他のPHPプロジェクトもサポートしています。
officialのDockerイメージをベースに拡張したパッケージなので信頼性があるとのことです。

Laradockが魅力的なのは、なんといってもその豊富なソフトウェア群です。
build→upで必要なライブラリを都度追加・更新が行えます。

備忘録としてそのパッケージをリストアップしました。(2018年11月時点)

サポートしているソフトウェア(一部)

Portainer

Docker管理WebGUIツール
公式サイト: https://portainer.io/

Docker Registry

Dockerプライベートレジストリサーバ
Dockerドキュメント: https://docs.docker.com/registry/

Docker Web UI

DockerプライベートレジストリWebUI管理ツール
Github: https://github.com/kwk/docker-registry-frontend

MySQL

データベースサーバ
公式サイト: https://www.mysql.com/jp/

MariaDB

MySQL派生のオープンソースデータベースサーバ。
公式サイト: https://mariadb.org/

phpMyAdmin

MySQLサーバー管理ツール
公式サイト: https://www.phpmyadmin.net/

PostgreSQL

オープンソースデータベースサーバ。
公式サイト: https://www.postgresql.org/

pgAdmin

PostgreSQLサーバー管理ツール
公式サイト: https://www.pgadmin.org/

Microsoft SQL Server

データベースサーバ
公式サイト: https://www.microsoft.com/en-us/sql-server/sql-server-2017

Redis

オープンソースのメモリ内データ構造ストアで、データベース、キャッシュ、メッセージブローカーとして使用。NoSQLデータベースサーバ。
公式サイト: https://redis.io/

Aerospike

KVS。フラッシュ(SSD)に最適化したNoSQLデータベースサーバ。
公式サイト: https://www.aerospike.com/

Minio

Go言語製Amazon S3クラウドストレージサービスと互換性を持ったオブジェクトストレージサーバ。
公式サイト: https://docs.minio.io/

Apache2

世界中でもっとも多く使われているWebサーバ
公式サイト: https://httpd.apache.org/

Nginx

Webサーバ
公式サイト: https://nginx.org/en/

Caddy

Go言語で実装されたwebサーバ
公式サイト: https://caddyserver.com/

Varnish

HTTPアクセラレータ
公式サイト: https://varnish-cache.org/

Certbot

Let’s Encryptのクライアント
公式サイト: https://certbot.eff.org/

Laravel Echo Server

LaravelのSocket.IOサーバライブラリ
Laravel公式ドキュメント: https://laravel.com/docs/5.7/broadcasting
GitHub: https://github.com/tlaverdure/laravel-echo-server

Swoole

PHPネットワークフレームワーク。
公式サイト: https://www.swoole.co.uk/

Solr

オープンソースの全文検索エンジン
公式サイト: http://lucene.apache.org/solr/

Elasticsearch

Lucene基盤の分散処理マルチテナント対応オープンソースの検索エンジン。分散型RESTful検索/分析エンジン。
公式サイト: https://www.elastic.co/jp/products/elasticsearch

Kibana

Elasticsearch用ビジュアライズ/データ可視化ツール
公式サイト: https://www.elastic.co/jp/products/kibana

Grafana

データ可視化ツール。
対応ツール:Graphite、Prometheus、Elasticsearch、InfluxDB、OpenTSDB、MySQL、AWS Cloudwatch
公式サイト: https://grafana.com/

Metabase

オープンソースのデータ可視化ツール
対応:MySQL, Postgres, Mongo, SQL Server, AWS Redshift, Google BigQuery, Druid, H2, SQLite, Oracle, Crate, Google Analytics, Vertica
公式サイト: https://www.metabase.com/

NetData

サーバのリアルタイムパフォーマンスと健全性モニタリングツール
Github: https://github.com/netdata/netdata

Thumbor

画像のクロッピング、リサイズ、フィルタリング等の画像変換サーバー
公式サイト: http://thumbor.org/

Beanstalkd

オープンソースのメッセージキューイング。Laravelがサポート。
公式サイト: https://beanstalkd.github.io/

Beanstalk Console

PHP製Beanstalkd管理ツール
Github: https://github.com/ptrofimov/beanstalk_console

RabbitMQ

メッセージキューイング
公式サイト: https://www.rabbitmq.com/

HHVM

PHP実行環境
公式サイト: https://hhvm.com/

PHP-FPM

PHP FastCGI実装
公式サイト: https://php-fpm.org/
PHPドキュメント: http://php.net/manual/ja/install.fpm.php

JupyterHub

Jupyter Notebook用のマルチユーザーサーバ
公式サイト: https://jupyterhub.readthedocs.io/en/stable/

ICEcoder

PHP製のWebブラウザIDE。
公式サイト: https://icecoder.net/

Coding WebIDE

クラウドベースのWebIDE
公式サイト: https://ide.coding.net/

Codiad

PHP製のWebブラウザIDE。
公式サイト: http://codiad.com/

Theia

クラウド版Visual Studio Code
公式サイト: https://www.theia-ide.org/

Mailu

DockerベースのWebUI付きメールサーバ
公式サイト: https://mailu.io/

MailDev

Eメールテストツール。
SMTP Server + Web Interface for viewing and testing emails during development.
Github: https://github.com/djfarrelly/MailDev

MailHog

Go言語製Eメールテストツール。
Web and API based SMTP testing
Github: https://github.com/mailhog/MailHog

Selenium

ブラウザ自動化ツール
公式サイト: https://www.seleniumhq.org/

Blackfire

PHPプロファイリングツール。パフォーマンステストツール。結果をWebUIで確認できる。
公式サイト: https://blackfire.io/

Jenkins

Java製オープンソース継続的インテグレーションツール
公式サイト: https://jenkins.io/

GitLab

Gitリポジトリ管理
公式サイト: https://about.gitlab.com/

積極的に活用していきたいですね。

[Go] Go言語はじめました (#1):インストール

福岡拠点野田です。
気が付けば涼しい季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

Go 言語について動けていなかったため、重い腰を上げて取り組みたいと思います。Go言語でよく使われているのは、WebAPIやメール送信・集計などのバッチ処理だと思います。javaも高速に処理ができますが重量級なイメージがあります。起動もすばやく、軽量で高速に並列処理ができるのは大きな魅力があります。

第1回目となる今回はインストールを行います。

インストール

https://golang.org/dl/

インストールは至って簡単。ダウンロードしたファイルを解凍して配置するだけ。

.bash_profileなどにパスを追加してもらえればOKです。

GOROOT というのがダウンロードして配置したGo自体のインストール先になります。

GOPATH というのが各プロジェクトフォルダに相当します。ここで開発モジュールの配置先となり、コンパイルしてできた実行ファイルが $GOPATH/bin 以下に配置されます。

Go言語初心者に向けてどのように開発を進めていくのがよいかについて深堀していこうと思います。

ちなみに go get してエラーがでるときは OS のモジュールバージョンが古い可能性が高いです。yum upgrade してすべてのモジュールを更新しておきましょう。

[Laravel]モデルとマイグレーション

福岡拠点の香月です。

前回はLaravelのプロジェクトを作成しました。
今回はこれにDBへのアクセス設定と、モデルの追加及びDBのマイグレーションを行います。

DBへのアクセス設定はアプリケーションのルートフォルダにある.envファイルで行います。この.envファイルは.env.exampleを元に作成されます。
開発環境、検証環境、本番環境でそれぞれ異なる設定なのでその環境ごとのファイル.env.develop、.env.staging、.env.productionを作成することになるでしょう。リリース時にはリリース環境にあったファイルを.envにリネームします。
※Laravelでは.envはソース管理に含めないことがガイドラインに書いてあります。これはプロジェクトのルートフォルダにある.gitignoreを見ても明らかです。

さて .env を編集する前に、アプリケーションで使用する mysql のユーザーを作成します。また、使用するDBを作成します。

1行目でmysqlにrootユーザーでログインします。
3行目でアプリケーションで使用するデータベースを「scoresheet」という名前で作成します。
4行目ではデータベース使用するユーザーとして「ss_user@localhost」を作成しつつ、必要な権限設定を行います。
5行目では山椒の実のユーザーを作成します。
6行目で権限を反映します。

これでDBの準備が整いました。
.env を開くと、DBに関する設定を行う場所があるのでここに情報を記載します。

※本当の設定箇所は config/database.php です。しかし環境ごとに異なるなので.envに記載し、database.phpからは.envを参照するようになっています。

DBへのアクセス設定ができたので、ここからはモデルの作成とテーブルを追加する作業、マイグレーションです。アプリケーションのルートフォルダで

を実行すると モデルクラス用のファイルが作成されます。-mオプションでマイグレーションファイルも一緒に作成されるので、モデルを作成するときは指定しましょう。

app\Score.php
database/migrations/<日付_時間>_create_scores_table.php

モデル名を複数形の「スネークケース」にしたものが、テーブル名として使用されます。「Score」は「scores」になります。Laravelは内部に辞書をもっており、英単語を適切に複数形にしてくれます。ネイティブじゃない私にはありがたい機能です。
あとはこれを編集して必要なフィールドを追加します。

これとは別にLaravelではプロジェクト作成時にusers、password_resetsテーブル用のマイグレーションファイルが作成されています。認証用ですね。
これと今作成したマイグレーションファイルのすべてが次のコマンドでまとめて
DBに登録されます。

「php artisan migrate:status」でマイグレーション結果を確認できます。

※一度もマイグレーションを実行していない状態で実行するとエラーが出てしまいます。

「migrations」というテーブルが無い!と怒られるのですが、このテーブルは最初にマイグレーションを実行したときに作成されます。これを知らずにちょっとはまりました。

モデル及びテーブルがもっと必要な場合は「php artisan make:model xxx -m」を必要なだけ繰り返しましょう。最後に「php aritisan migrate」を忘れずに。

プログラムはこのモデルを使ってデータにアクセスしていきますよー。

[Laravel] 値検査(バリデーション)について

福岡拠点の野田です。
秋雨や台風が気になりますが、過ごしやすい日々が増えてきたと思います。
今日は、Laravel の値検査の仕組みについて取り上げようと思います。

Laravel には値検査を行う設計の方向性として大きく3つの選択肢があります。
・FormRequest を継承してリクエストフォームオブジェクトを作る
・ValidatesRequestsトレイトを使う
・Validator ファサードを使う

FormRequestを作る場合

Controller に対して Illuminate\Foundation\Http\FormRequest 型のメソッドインジェクションを指定しておくとそのメソッドに対応するURLが呼び出された際に値検査がかかるという仕組みになります。バリデーションの結果が false の場合、リクエスト値をセッションに保存して、リクエストを投げた前のページに戻ります。

とても便利な仕組みですが、都度、FormRequestを実装することになります。毎回似たようなコードを書くのは煩わしいですよね。そこで以下のような基底クラスを作成して継承して使いまわすことにします。この基底クラスは、自分のクラス名からバリデーションの設定を読み込んで動作する仕組みで動いています。

以下は、config/validation.php の記述例です。FormRequest実装クラス名をキーに設定を記述するとそれを読み込んでくれる仕掛けになっています。クラスの型を利用しつつ、リクエスト値の検査は設定ファイルを利用してカスタマイズしやすくします。

さらにテンプレート側に目を向けてみましょう。入力フォームのテンプレートは、エラー表示と「戻る」ボタンで遷移の両方を共通で実現している場合がほとんどだと思います。Laravel で用意されている old ヘルパーメソッドで取得できるのは、エラー時のセッションしかありませんので、以下のような記述をすることでエラー時のセッション値があれば、セッション値、なければリクエスト値をとる実装が可能です(old メソッドのデフォルト値にリクエスト値を設定する実装になります)。

エラーを表示する場合は以下で対応できます。

$errors->has(‘email’)や$errors->count()などもよく使うメソッドだと思います。エラーは MessageBag というクラスで定義されていますので、以下を参考にしていただければ幸いです。

https://laravel.com/api/5.6/Illuminate/Support/MessageBag.html

ValidatesRequestsトレイトを使う場合

FormRequest の処理のうち Controller 側の処理を切り出したものが ValidatesRequest になります。
Controller で use ValidatesRequest をすることで Controller 中で $this->validate() メソッドなどが使えるようになります。

以下 Laravel マニュアルページより

値検査に失敗すると Illuminate\Contracts\Validation\ValidationException が発生し、FormRequest 同様、前のページに戻ります。validateをかけるタイミングを調整できるため、リクエスト値の前処理が必要な場面や FormRequest の作成をしたくない場合に使われると思いますが、Validator ファサードの選択肢もあるため、相対的に利用する場面は少ないと思われます。

Validatorファサードを使う場合

Validator ファサードを使えば値検査部分だけを部品化して値検査をすることが可能です。バッチ系で値検査を行うときは直に呼び出して使うことが多いと思います。例えばCSVインポートバッチの入力値チェックなどはこの Validatorファサードの出番です。

上記は、config/validation.php で設定を外だししている例です。個別実装することももちろん可能ですが、ある程度共通化できるところは共通化しておくと良いでしょう。

まとめ

なんだかんだいいましたが、場面場面に応じて最適な値検査の方法を選択して実装していくとよいでしょう。その中で特に伝えたかったことが「設定ファイル化」という部分になります。値検査(バリデーション)というプログラムの課題の中でconfig/validation.php にまとめておく、HTML部品という課題の中で config/form.php にまとめておく、アプリケーション設定として、config/const.php にまとめておく、などなどです。後で入力チェックをまとめるときに個別の実装をみなくてよいのは、大きな助けになると思います。まだの方は、実装時の良い習慣としてプログラムの課題の設定ファイル化を是非やってみてください。

補足

以下補足になります。入力、確認、完了のような遷移がある場合のルーティングのTIPSです。通常、入力画面は、GETリクエスト、それ以外はPOSTリクエストとしていると思います。つい忘れがちですが、保存ページについては、GETも受け付けて入力画面に逃がすとよいと思います。戻すときの遷移でリロードして、MethodNotAllowedのエラーが見えてしまうとちょっとカッコ悪いですよね。

[Python]拡張モジュールをWin Debug版DLLで試すとエラー

福岡拠点の香月です。

Windows環境で動作するPython3.6.6の拡張モジュールをC++で作りました。
開発ツールはVisual Studio 2015です。
早速作成した拡張モジュールのDebug版を使ってみようとPythonインタプリタを起動してモジュールロードしたんですが゙………

とこのようにエラーが発生してしまいました。インタプリタも強制終了しているようです。

これは拡張モジュールがDebug版なので、Pythonバイナリもデバッグ版を使う必要があります。python_d.exeがpython.exeと同じ場所にあるのでそれを使いましょう。
また、拡張モジュール名にも「_d」が必要です。Release版が「spam.pyd」ならDebug版では「spam_d.pyd」です。リネームで十分です。

このようにFatal Python Errorは発生せずに続行できます。
Debug版でのデバッグをあきらめて、Release版に無理やりデバッグ情報をつけてデバッグしていた方、是非これをお試しあれ。

これに気付く前にVisual Studio 2017のドキュメントで次のようなものを見つけていました。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/python/working-with-c-cpp-python-in-visual-studio?view=vs-2017
以下抜粋

警告

デバッグ構成の場合でも [C/C++] > [コード生成] > [ランタイム ライブラリ] のオプションを常にマルチスレッド DLL (/MD) に設定します。これは、この設定がデバッグ以外の Python バイナリのビルドに使用されるためです。
マルチスレッド デバッグ DLL (/MDd) オプションを設定すると、デバッグ構成をビルドするときに、”C1189: Py_LIMITED_API は Py_DEBUG、Py_TRACE_REFS、Py_REF_DEBUG と互換性がありません” というエラーが表示されます。 さらに、ビルド エラーを避けるために Py_LIMITED_API を
削除すると、モジュールをインポートしようとしたときに Python がクラッシュします (後で説明しますが、クラッシュは DLL のPyModule_Create の呼び出し内で発生し、出力メッセージは “Fatal Python error: PyThreadState_Get: no current thread (Python 致命的エラー: PyThreadState_Get: 現在のスレッドがありません)” です)。
/MDd オプションは Python デバッグ バイナリ (python_d.exe など) のビルドに使われますが、拡張 DLL に対して選ぶと、やはり Py_LIMITED_API のビルド エラーになります。

でもこんなことする必要なく、python_d.exeを使うだけでOKですよー。

[Laravel]プロジェクトの作成

福岡拠点の香月です。

前回まででLaravel実行におけるインフラ整備が終わりました。
今回はLaravelプロジェクトの作成です。

環境は引き続きこちらで構築したCentOS上です。
Windowsのコマンドプロンプトを立ち上げて次のコマンドでCentOSを起動。

ターミナルソフトでローカルポート2222にsshでアクセスします。
以降の操作はターミナル上で行います。

実行ユーザーはvagrantです。実行はホームディレクトリで行いました
プロジェクトを作成するには次のコマンドを実行します。プロジェクト名は「scoresheet」とします。

以下が出力されます。

カレントディレクトリに「scoresheet」というフォルダが作成され、そこにLaravelの構成ファイルが作成されます。

このコマンドでは最新バージョンがインストールされますが、プロジェクトによってはバージョンを指定してインストールしなければならないことがあります。例えば5.1をインストールする場合はこう。

バージョンの3桁目は必ず*にしましょう。
インストールされたバージョンは次のコマンドで確認できます。作成されたディレクトリに移動して実行しましょう。

プロジェクトの作成コマンドとして本家サイトでは「# laravel new <プロジェクト名>」があります。しかしWindows環境では正しく動作しない報告が沢山あるようなので、「# composer create-project」コマンドで統一するのが良いようです。

次はWebサーバーの設定です。rootになって作成したディレクトリをWebサーバーのディレクトリの下に移動します。

/etc/httpdはvagrantユーザーには書き込み権限がないため、rootで作業します。

ユーザーvagrantで/etc/httpdに移動して直接「composer create-project」コマンドを実行すればいいのでは?とも考えますが、vagrantには/etc/httpdへの書き込み権限がないためLaraveのプロジェクトの種ファイル であるhttp://cabinet.laravel.com/latest.zip のダウンロードに失敗してしまいます。

続けてLaravelホームをWebのルートにするためにhttpd.conを編集します。

※厳密にはWebサーバーのディレクトリ以下に必ずしも移動させるひつようはありません。httpd.confの設定でLaravelディレクトリへのエイリアスを設定し、そこをDocumentRootに設定するのでもいいでしょう。

次にWebサーバーがLaravelのstorage、bootstrap/cacheディレクトリに書き込みできるようにパーミッションを調整します。

最後にWebサーバーを再起動します。

再起動が完了したらホストOS(Windows)上のブラウザからルートにアクセスします。
http://localhost:8080/
Laravelロゴが表示されれば完成です。